園長の一言(6月)

6月を迎えました。5月から夏日が続いておりましたが、子ども達は楽しく元気いっぱい過ごしています。5月の初旬、砂場に砂が補充されました。その事を子ども達は手触りで認識したようです。「この砂は、なんだか柔らかい感じがするね~」というお喋りを聞いて、感度良好な子ども達に拍手!!を送りました。

朝の支度が終わると、足早に外に飛び出していく子ども達。大人気のダンゴムシ探しは、ヤモリの餌となるバッタ探しに変わりました。年長組の真剣な表情に、年少組や年中組の子ども達も、良い刺激を受けているようです。遊びを通じてクラスを超えた交流が出来ていることも嬉しい事です。これからの外遊びには、水遊びが加わります。砂場・築山にお水を流してのダイナミックな遊びも展開される事でしょう。お洗濯、よろしくお願いいたします。

来る6月3日(土)には、お父様役員さんからの呼びかけでジャングルジムのペンキ塗りが予定されております。昨年行われましたプールのブロック塀のペンキ塗りに続く有難い活動です。どうぞ、よろしくお願いいたします。6月20日のプール開きに向けて、7Mプールのリニューアル工事も順調に

行われております。子ども達の歓声と水しぶきが上がる日が待たれます。

今年度より始まります満3歳児保育ですが、6月からいよいよすみれ組の保育が始まります。小さなサイズのお机や椅子、可愛いおもちゃ達もデビューいたします。

仲間との関わりが活発になった分、衝突も発生します。これもまた、成長に欠かせぬ大切な体験と考えます。私達は、そんな子ども達一人ひとりをしっかりと見つめて、寄り添ってまいりたいと思います。

神様の豊かなお恵みに感謝しながら、保護者の皆様もご一緒に歩んでまいりましょう。