園長のひとこと

  「うわーっ ! しろいものがはえてきた !!」と花壇の前から、こんな会話が聞こえてきました。初めて霜柱を見た
 子どもたちの驚きの声です。身近なことにも、歓声を上げる純粋な子どもたち。一方では、玄関脇のコブシの枝には
 沢山の蕾が付いている事も発見。寒さに負けず、一生懸命息づいている物があることを、この時期に気付いて欲しい
 ものです。子どもたちが、行事を通して更に成長していることを感じ、心から嬉しく思います。
  今月も、元気一杯の子どもたちと共に感謝の気持ちを大切に過ごしてまいりましょう。
  最後に…1月に行われました『暁星祭』は、保護者の皆様のお蔭で大変楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 皆様のご協力に対して、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。